電気学会 電子・情報・システム部門論文誌特集(平成26年6月号)
「デペンダブルなサービスシステムに貢献する情報・システム技術」
Information and System Technologies for Dependable Service Systems


「デペンダブルなサービスシステムに貢献する情報・システム技術」募集要項


 論文誌C(電子・情報・システム部門誌)では,平成26年6月号に「デペンダブルなサービスシステムに貢献する情報・システム技術」特集を企画いたします。
 我々の生活は社会インフラとしてのさまざまなサービスシステムによって支えられており,システムの信頼性や可用性に対する従来の考え方に加え,それが提供するサービスの信頼性や可用性を含むデペンダビリティ(Dependability)の概念が重要になっています。デペンダブルな(頼りになる)サービスシステムの実現には,不測事態への対処に限らず,不確定な運用条件変化や利用者の要求変化に対応して,サービスの持続性,正確性,柔軟性,拡張性,省エネ等を実現する情報・システム技術が求められています。本特集号では,これらのトピックスを含む様々な情報・システム技術に関する論文を広く募集します。下記キーワードを一部として,幅広い研究領域から多くの研究成果の投稿をお待ちします。奮ってご投稿ください。

キーワード :
モデリング,最適化,シミュレーション,リスク管理,システム運用設計・監視,スケジューリング,知識情報処理,サービス指向設計,エージェント応用,クラウドコンピューティング,セキュリティ,ユビキタスサービス,サスティナブル,電子商取引,サプライチェーン,ロジスティックス,交通システム,公共情報システムなど

投稿締切:平成25年9月30日(月)
詳細は電気学会の論文投稿手続きに従って下さい。「締切厳守」でお願い申し上げます。
http://www2.iee.or.jp/ver2/honbu/28-magazine/index.htmlから原稿作成の手引きをダウンロードできます。

投稿方法:
投稿は電子投稿・査読システムで受け付けます。
https://submit.iee.or.jp/main/cgi/sstk-top.cgi からご投稿下さい。
電子投稿・査読システムの「論文投稿」画面において「デペンダブルなサービスシステムに貢献する情報・システム技術」特集を選択して下さい。
電子メールを用いた投稿、郵送での投稿は受け付けられませんのでご注意下さい。

ゲストエディター・連絡先:
村田 智洋
早稲田大学 大学院 情報生産システム研究科
〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの2-7
E-mail: t-murata@waseda.jp

重要なお知らせ:
従来、投稿者のうち少なくとも1名の方が本会会員である必要がありましたが、 今般、論文投稿規程が改定され、投稿者全てが本会非会員でも投稿できるようになりました。 詳しくは投稿の手引きをご覧下さい。


参考:過去の特集号
  1. 特集「新たなサービス社会に貢献する情報・システム技術」(平成25年4月)
  2. 特集「多様な情報社会に適応するシステム技術」(平成24年2月)
  3. 特集「知識情報化社会を支えるシステム技術」(平成22年4月)
  4. 特集「サービスエンジニアリング」(平成20年4月)
  5. 特集「日常活動を変革する情報システム技術」(平成18年4月)
  6. 特集「企業情報システムにおける連携技術」(平成16年5月)
  7. 「情報システムの設計・構築技術」(平成14年5月号)

情報システム技術委員会HPへ戻ります